2019.08.04

「根性」ではなく「技術」でお金を貯める8つの方法


「お金を貯めようとはしているけど、なかなか貯められない」そう思っていないだろうか。

お金を貯めたいのなら、ただひたすら“根性”で「節約」することでお金を貯めようとしてはいけない。

なぜなら、無計画に気合いや根性まかせで単発的に「節約」しようとしても、やがてそれがストレスになり、数日や数週間で諦めてしまうというパターンに陥ってしまうことが多いからだ。

しかし、“根性”ではなく”頭”をうまく使い、自分をコントロールすることで、お金は誰でも貯められるようになる。

そこで今回は、気合いや根性任せではなく、技術的に効率よく「お金を貯める」コツをご紹介していく。

1.「節約」だけがお金を貯める方法ではない

おそらく多くの人は、「お金を貯める」=「節約すること」だと思っているのではないだろうか。
もちろん、「節約」=「使うお金を減らすこと」も一つの手段ではある。

しかし、“お金を貯める方法”は必ずしもそれだけではない

ここで少し「お金を貯める」というのはどういうことかを考えてみる。

上にある図を、あなたの経済状況を表す図だとしよう。
真ん中にあるのは、あなたの手元にあるお金。
左側にあるのは「収入」=「入ってくるお金」。
右側にあるのは「支出」=「出ていくお金」だ。

この図を見てわかるのは、あなたの手元にあるお金は、「収入」と「支出」によって決まるということだ。

どういうことかというと、たとえば、100万円の収入が入ってくるとする。
そのときに30万円使ったとする。
すると、残り70万円が手元に残る。

もしも、80万円使った場合は、20万円しか手元に残らない。

しかし、プラス50万円の収入が入れば手元には70万円が残る。

このように、手元にあるお金は、基本的に「収入」と「支出」のバランスによって決まるというわけだ。

では、お金を貯めるにはどうしたらいいのか。
それは、単純だ。

  • 「収入」>「支出」

 
という状態を作ればいいだけだ。

先ほどの例のように、「支出」が「収入」より小さければ小さいほど、「収入」が「支出」より大きければ大きいほど、あなたの手元にはたくさんのお金が残る。すなわち、お金を貯められるということだ。

ここから、お金を貯めるための方法は以下の2つが考えられる。

  • ①支出を減らす
  • ①収入を増やす

 
一つ目は、従来のように、使うお金を減らすことで「支出を減らす」という方法。
そして、もう一つは、「収入を増やす」という方法だ。

「お金を貯める」というと、ついつい多くの人が節約するなどの「支出を減らす」ことのみにしか目がいかないが、お金を貯めるには「収入を増やす」という手段も存在するということだ。
そして、この「収入を増やす」方法を取り入れるだけでお金を貯めるのが一段とラクになる。

なお、それら2つの手段ごとにおける具体的な方法については後ほど紹介する。

2.”気合い”だけでお金を貯めようとしてはいけない

お金を貯められない人によくあるのが、ただひたすら根性で節約しまくる、あるいは、ただひたすらアルバイトをしまくる、などといったパターンだ。

確かに、最初は志高く、やる気に満ち溢れているかもしれない。
しかし、そういうやり方の場合、たいてい短期間で力尽きてしまうことが多く、結果的に全然お金が貯まらない、といったパターンに陥ることが多い。さらに、短期間に過度なストレスがかかったの反動で、むしろお金を浪費してしまうことさえもある。

では、お金を上手に貯めるにはどうしたらよいのか。

それは、

  • “気合い”や”根性”を使わずに、計画を立てて着実にお金を貯めていく

 
ことだ。

短期的に根性でむやみにお金を貯めようとするのではなく、お金を貯めるために具体的に、何を、どれくらい、どうするを最初に計画を立てて、それを一つずつ実行する。
そうすることで、ひたすらお金を貯めるために”頑張る”必要もなく、計画どおりに実行していくだけで自動的に目標の金額のお金は貯まる。
もちろん、計画を立てるといっても無理難題な計画を立ててしまうと、過度なストレスになり結局長続きしないので、あえて余裕を持たせた計画を練るということが大前提だ。

このように、何をどうやっていつまでやるのかを具体的に決め、それを計画的に実行することで、確実にお金は貯められる

では、ここからはお金を貯めるためのより具体的なコツや手法を、「支出を減らす方法」と「収入を増やす方法」の順にご紹介していく。

3.「支出を減らす」ことでお金を貯める具体的な方法&コツ

まずは「支出を減らす」ことでお金を貯めるための具体的な方法とコツをご紹介していく。

3-1.「最低限必要なお金」「貯めるお金」「余分に使っていいお金」の3つにに分ける

まず一つ目は、1ヶ月ごとの収入を「最低限必要なお金」「貯めるお金」「余分に使っていいお金」の3つに分けるという方法だ。

「最低限必要なお金」は、主に家賃、光熱費、食費、通信料などの、生活するうえで必要最低限かかる費用のこと。
「貯めるお金」とは、使わずにそのまま貯金にまわすお金のこと。
「余分に使っていいお金」とは、「最低限必要なお金」以外に、趣味や娯楽などに充てる、自由に使っていいお金のことだ。

具体的な手順としては、

  • ①:まず収入から「最低限必要なお金」を引く
  • ②:残った金額をもとに、「貯めるお金」「余分に使っていいお金」を決める

 
の順でそれぞれいくらずつ配分するのかを決定するといい。

①の「最低限必要なお金」に関しては、毎月の生活費がだいたいどれくらいかかるのかから、おおよその金額を計算できるはずだ。計算といっても〇万円というようにザックリで構わない。

重要なのは②の、「貯めるお金」「余分に使っていいお金」をどうやって決定するのかだ。
ここでたいていの人は、早くたくさんの額を貯めようとして「貯めるお金」にたくさん分配して、「余分に使っていいお金」を極限まで切り詰めようとする。
しかし、そこが落とし穴だ。
「貯めるお金」を大きくするあまり、「余分に使っていいお金」を極限までケチると、たいてい途中で苦しくなってやめてしまうからだ。そして、その場合、たいていはたいした金額は貯まらない。
それよりも、「余分に使っていいお金」にある程度余裕が出るように「貯めるお金」の金額を設定し、いかに長期的にお金を貯め続けるかというのが最も重要なポイントだ。

あくまでも、気合いで”頑張る”のではなく、あえて余裕を持たせて自分を甘やかしながら継続的に貯め続けることが最大のコツだ。

    毎月の収入を、

  • 「最低限必要なお金」・・・生活費などの最低限かかる費用
  • 「貯めるお金」・・・貯金にまわすお金
  • 「余分に使っていいお金」・・・生活費以外の趣味や娯楽にかける自由に使っていいお金
  • の3つに分ける。

3-2.家計簿をしっかりつける

定期的に現在の経済状況を把握することも重要だ。

先ほどの「最低限必要なお金」「余分に使ってもいいお金」にて、月ごとに使っていいお金を設定したら、1週間程度ごとでも構わないので、定期的に、現在いくら使っていて今月はあといくら使うことができるのかをチェックすることが大切だ。

もしも、無計画にお金を使いまくってしまった場合、「3週間で今月分の使っていい金額を超えてしまった」というような事態になりかねない。それでは、先ほどの”3つにお金”に分けた意味がなくなってしまう。

なので、ザックリとでもいいので、家計簿をつけるなどをして、現状の自分の経済状況を定期的にチェックするのがおすすめだ。

現在はExcelなどで簡単に家計簿がつけられるテンプレートや、スマホアプリなどもあるので、それらをうまく活用するといいだろう。

3-3.なぜ買うのかを常に考える

買い物をしているとき、つい無駄なものを買ってしまう、という経験は誰にでもあるだろう。

そこで、無駄なものを買わないためのコツが一つある。
それは、店で買い物をしているときや、ネットショッピングなどで、商品を購入しようと思ったときに、必ず「自分はなぜこの商品を買うのか」というのを一度考えるようにする、ということだ。
そのときに、その商品が必要な理由をすぐに思い浮かべられるのなら問題ないが、その商品を買う理由がすぐに思い浮かばなかったり、大して重要な理由ではないという場合には、それは無駄な買い物だということに未然に気づくことができる。

これによって、後から冷静に考えると不要なものをつい買ってしまったり、衝動買いをしてしまう、というようなことも減らすことができるだろう。

3-4.「お得」や「限定」に惑わされない

「お得」「数量限定」「最後の一点」などといった言葉につい踊らされて、つい購入してしまうといった経験はないだろうか。

当然、それがもともと欲しいものだったり、購入する予定だったものであるならば「お得」であること以外の何物でもないので、喜んで買うべきだ。
しかし、実際は「お得」「限定」と売り出された商品を、必要もないのに買ってしまい、ついつい無駄遣いしてしまうということが多いのではないだろうか。

実はこのような「お得」「限定」などの言葉に引き寄せられてしまうのは、心理学的には「心理的リアクタンス」と呼ばれる効果で、人間ならば誰でも起こることだ。

しかし、これらの「お得」に惑わされない方法はある。
それは、先ほどの方法と似ているのだが、「お得」「限定」というワードを見たら、「お得だ!」と思ったとしても、その後冷静にそれが自分に本当に必要なものなのかどうかをよく吟味することだ。
ものすごく単純なようだが、これだけで、かなり「お得」やセールに惑わされることは少なくなる。

3-5.クレジットカードはなるべく使わない

クレジットカードでついつい無駄なものを購入してしまったという経験はないだろうか。

出費を少しでも減らしたいのなら、クレジットカードはなるべく使わない方が賢明だ

なぜなら、人間には、現在持っているお金から料金を支払うよりも、未来に料金を支払う方が、抵抗が少なく感じる傾向にあるからだ。
実際に、とある心理学の実験にて、同じ額でもクレジットカードで支払った場合、心理的には現金で支払った場合の6割の金額を払ったときの同じ程度にしか感じないという結果も出ている。

確かに、クレジットカードはポイントなども付くのでお得に感じるかもしれないが、実際のところはこの”後払い効果”による影響が大きいだろう。

なので、支出を抑えたいならば、クレジットカードは極力使わないようにしたほうが良いだろう。

4.「収入を増やす」ことでお金を貯める方法

収入を増やす方法は「仕事」だけではない。

「収入を増やす方法」と聞いて、「現在の仕事で昇進して給料を上げる」という発想が思い浮かばなかっただろうか。

しかし、お金を貯めるために、本業の仕事を一生懸命取り組んで昇進を狙うという方法は、あまりにも時間がかかり不確実で非常に効率が悪い方法だ。
そもそも、お金を貯めるためだけに、今の仕事にこれ以上に一生懸命頑張りたいとは思わないだろう。

しかし、この世でお金を生み出す方法は、”働いて給料をもらう”以外にもたくさん存在する
おそらく、世間の多くの人が「お金を稼ぐ」=「雇われて仕事をする」と思い込んでいるかもしれないが、必ずしもお金を稼ぐ方法は、”雇われて仕事をして給料をもらう”だけとは限らない。

そして、現在の雇われて給料をもらう仕事を一生懸命やるくらいならば、それと同じ労力で他のことをした方がはるかに効率よく収入を増やすことだって可能だ。

4-1.アルバイトを行う

本業の仕事以外でお金を稼ぐ方法で、一番手っ取り早くオーソドックスなのは、アルバイトを行うという方法だ。

これは、誰もが最初に思いつく方法かもしれない。
実際に、現在話題となっているUberEATSなどをはじめとして、本業とは別にアルバイトを行っているサラリーマンも増えてきている。(UberEATSは厳密には”アルバイト”には分類されないが。)

このアルバイトで稼ぐ方法の最大の良点は、始める際に資金の必要がなく、今すぐ稼ぎ始められるという点だろう。
自分でビジネスを立ち上げるなどといった場合は、最初の準備に手間とお金がかかり、さらに、すぐに収益が出るというわけではない。しかし、アルバイトの場合は準備といった準備がほぼ必要なく、また、初めてすぐにでもお金にすることができる。

一方で弱点も存在する。
大半のアルバイトは時給制であり、かつ、すでに本業を行っている場合はアルバイトに割くことのできる時間には限りがある。そのため、どうしても稼げる額には限界が出てくる。たとえ歩合制だとしても、稼げる額にはある程度限界があるということだ。
それ以外にも、職種によっては本業と並行して行うには、体力的にも厳しいといった問題もあるかもしれない。

しかし、「どんな方法でも良いので今すぐ少額のお金を貯める必要がある」といった人にはおすすめな方法かもしれない。

アルバイトのメリット・デメリット

  • メリット
    ①手軽に始められる
    ②始めるにあたって資金などが必要ない
  • デメリット
    ①時給制なので、時間的に稼げる額には限界がある
    ②職種によっては体力的な問題もある
  • こんな人におすすめ
    ・どんな方法でもいいので今すぐにお金を貯めたい人
    ・時間に余裕がある人

4-2.副業を行う

副業で収入を増やすという方法もある。
副業といっても、先ほどのアルバイトとは異なり、本当にどこにも雇われずに自分でお金を稼ぐ方法だ。

かといって、いきなり起業するなどの大きいリスクを伴うものではないので安心してほしい。
中でも今回は、インターネット上だけで比較的手軽にできるものを以下にまとめた

①お小遣いサイトを利用する

インターネット上でもっとも手軽にお金を稼ぐことができるのは、お小遣いサイト(ポイントサイト)を用いた方法だろう。

お小遣いサイトとは、一種の成果報酬型広告代理サービスのことだ。
具体的には、ユーザーは、PCやスマホを用いてサイト内のミニゲームを行ったり、メールのURLをクリックしたり、広告に掲載されているサービスを利用したりすることで、ポイントという形で成果報酬を獲得することができるというものだ。そして、ある程度ポイントが貯まったら、現金、仮想通貨、Amazonギフトカードに換金することができる。

また、登録には個人情報の登録や審査等も必要なく、メールアドレスだけですぐに始められる。

しかし一方で、稼げる額には限界があり、使い方によっても異なるが、だいたい月に1万円~3万円程度となる。

お小遣いサイトのメリット・デメリット

  • メリット
    ①PC、スマホがあれば家に居ながらでもどこでもできる
    ②メールアドレスがあれば手軽に始められる
    ③まとまった時間が必要なく、ちょっとした時間でも手軽にできる
  • デメリット
    ①稼ぐことのできる額には限界がある(月1~3万円程度が目安)
  • こんな人におすすめ
    ・少額でもいいので今すぐにお金を貯めたい人
    ・まとまった時間が取れない主婦やサラリーマンなど

②クラウドソーシングで在宅ワークを行う

クラウドソーシングサービスを活用して副業をするという方法もある。

クラウドソーシングサービスとは、データー入力、文章執筆、Webページライティング、動画編集、プログラミング、言語翻訳など、様々な案件の中から、自分のやりたい仕事を選択し、仕事が完了すると成果報酬をもらうことができるといったサービスだ。
ほとんどの仕事がPCやスマホ上のみで行うことができ、仕事量のノルマや、時間帯の縛りがないため、主婦やサラリーマンの副業としても人気な方法だ。

当然、プログラミングやアプリ開発などの高度な技術やスキルが必要な案件であればあるほど報酬も大きく、得られる金額はその案件や仕事量によってまちまちであるが、目安としては、一番簡単なデータ入力で、月に2万円~6万円程度と言われている。

クラウドソーシングのメリット・デメリット

  • メリット
    ①PC上で完結する仕事がほとんどなので、自宅に居ながらでも作業することができる
    ②時間帯の制約がないので、好きな時間に取り組むことができ、本業や家事との両立もしやすい
    ③仕事量のノルマ等がないため、ほんの少しの仕事量からでも取り組むことができる
    ④高度なスキルを要する案件は特に高報酬な場合が多い
  • デメリット
    ①アンケート、データ入力などのあまりスキルを必要としないものは、ある程度数をこなさなければ収益を伸ばしにくい
    ②ほとんどがデスクワークであるため、体を動かした仕事をしたいという人には向いていない
  • こんな人におすすめ
    ・ある程度の高額の金額を長期的に貯めようと思っている人
    ・家に居ながら時間帯に縛られず副業をしたい主婦やサラリーマン

③アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトとは、YouTubeの動画や、SNS、Webブログ等に広告を貼り、その広告収入として収益を得るという方法だ。

現在流行しているYouTuberなども皆このアフィリエイトのシステムを利用して運営している。

このアフィリエイトでは、いかにたくさんの人が見てくれるモノを発信するかというのが重要になる。
なぜかというと、広告を掲載する企業などは、より多くの人がその広告をみてその商品やサービスを知ってくれることを望んで広告を掲載している。なので、よりたくさんの人が集まる動画やWebブログやSNSに広告を載せたいからだ。
また、たいていのアフィリエイト広告は成果型といって、動画やWebブログにどれだけのPV数があるか(どれだけの人がその動画やページを見たか)によって報酬額が決まるというシステムになっている。

アフィリエイトのメリットとしては、うまくいくと(普通にできると)月あたり数十万円~数百万円程度の大きい額を稼ぐことも可能という点だ。
また、特にWebブログなどの場合、一度、一定数のの集客ができたり、ブランドができたりすると、必ずしも常に更新作業を続けなくとも収益は安定するという良点もある。

一方で、始めたからといって必ずしもすぐにお金になるとは限らず、収益が回るまでには最低でも数か月から半年はかかるという点だ。また、確実に成果を出していくにはそれなりの経験やノウハウも必要となる。

単発的に、少額のお金を貯めたいという人よりは、長期的に数百万円単位の大きい額を貯めたいという人や、今の仕事を辞めて独立したいという人におすすめな方法だろう。

アフィリエイトのメリット・デメリット

  • メリット
    ①他の副業と比べて圧倒的に大きい額を稼ぐことが可能
    ②作業をする時間帯に制約などがないので、いつでも好きな時間に作業することができる
    ③提供するものによっては、常にコンテンツを更新し続けなくても収益を安定させることも可能
    ④本業として独立することもできる
  • デメリット
    ①まともな成果を出すにはそれなりの経験やノウハウが要る
    ②今すぐにお金になるわけではなく、収益が発生するまでには最低でも数か月~半年はかかる
  • こんな人におすすめ
    ・数百万円単位の大きい金額を長期的に貯めようと思っている人
    ・副業として始めていずれはそれを本業として独立したい人

4-3.投資、投機で利益を出す

株式やFXなどの投資や投機(トレード)で利益を出してお金を稼ぐという方法もある。
少し前まで流行していた、ビットコインを代表する仮想通貨の取引などもこの投資、投機に分類される。

テレビやネットなどでは「FXは稼げる」「株で〇〇万円儲けました」などといった宣伝文句がよく見られる。
しかし、実際のところ本当に稼げるのだろうか。
結論から言うと、「稼げる」「稼げない」とは一概には言うことはできない。
稼ごうと思えば稼ぐことはできる方法なのだが、初心者が今から投資や投機を始めて継続的に利益を出していくには、以下の”3つの壁”を乗り越える必要がある

  • スキル・経験・知識が必要
  • 最初に資金が要る
  • 損失するリスクが伴う

 
一つ目のスキル・経験・知識だが、知識やスキルといっても、その辺の本や商材を買ってその通りにやったら確実に上手くいくというような生半可なものではない。まともに稼いでいくには実践的な経験をもとにして、時間をかけて地道に自分のなりに”やり方”を見つけていく必要がある。
これがないとただのギャンブルになってしまうので非常に危険だ。(実際にFXなどで失敗している人のほとんど原因がこれだ。)

そして、二つ目は、ある程度の額の利益を出していくには最初に、最低でも50万円から1000万円程度の資金を用意する必要があるという点だ。

三つ目は、損失するリスクが常に伴うという点だ。
先ほどのアフィリエイトなどの一般的な副業の場合であれば、上手くいかなかった場合でも時間が無駄になるだけで済むが、投資、投機の場合は上手くいかなかった場合、時間が無駄になるどころか損失が生じるリスクもある。

しかし一方で、実際にこの投資や投機で稼いでいる人がいるのも事実だ。
また、日本において年間1億円以上稼いでいる人のうち50%以上が株式や為替(FX)トレーダーというデータも出ている。

これらの事実を知ったうえで、もし興味があるのならば、株式やFXなどのシミュレーションアプリというものがあるので、それを使って一回どんなものなのかやってみるといい。
それで面白い、自分に向いていると感じるのならば、本格的に挑戦してみるのもいいだろう。

投資・投機(トレード)のメリット・デメリット

  • メリット
    ①上手くやれば稼げる額に限度はない(年間数億~数十億も可能)
  • デメリット
    ①継続的に利益を出していくにはそれなりのスキル・経験・知識が必要
    ②最初に大きな資金(元本)が必要となる
    ③損失リスクが常に伴う
  • こんな人におすすめ
    ・将来的に数百万円~数千万円のお金を貯めたい人
    ・投資、投機に興味がある人

最後に

いかがだっただろうか。

ただ単に気合いでお金を貯めようとするのではなく、頭を使って計画的にやることで、誰でも確実にお金は貯めることができる。
そして、お金を貯めるといっても、ただがむしゃらに節約することで支出を減らそうとする以外にも、「収入を増やす」方法を加えることでより効率的にお金を貯めることができるということもわかっただろう。

あとはここまで読んだものを実践するのみだ。読んだで満足するだけでは、この記事を読む前と何も変わらない。
まずは実践できそうなもの一つからでも良いので、実際に行動に移してみよう。